BITTER SWEET
ポルノグラフィティ大好きな女子学生が送る波乱万丈(でもない??)な日記 いろいろな話(日常とポルノ話と…e.t.c...)を書いていきます。
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
PROFILE
麻野
  • 麻野
  • *生物学上女という風にされているが腐女子という部類
    *東京在住の高校生
    *ポルノグラフィティ大好きな人
    *Tamaさんも大好きな人
    *PCが何より好き。
    *趣味は作詞とPC遊び

    BITTERSWEETへようこそ。
    ごゆっくりお過ごしください。
    また、アダルト等のコメント、トラックバックがあった場合は消去させていただきます。







  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
え~…叫ばせていただきます。
よっしゃ~~~~~~~~~~~~~!!!!!

はい、今晩は麻野です。
フラゲってきました。「m-CABI」。一応一通り聞きました。
ということで、予告通り1曲コメントを書いていきたいと思います。






一応ネタバレを含んでいるので…
コチラに…

No.1 CABINET
☆1.m-NAVI1 "Ride on!! Blue vehicle!"
→最初にあの「ウェンディ」と時の可愛いお声の女の子がしゃべります。めちゃくちゃ可愛いです。是非、妹にしたい…(無理です、麻野は英語しゃべれないので…;;)

☆2.ハネウマライダー
→もう定番っ!!この曲なくして夏は過ごせなかった;;
そして、ロマポルはなかったといえましょう。さて、この「m-CAVI」に関しても最初にエンジンをぶっ放すような感じですね。
そう…あのポルノ的有名な(?)お言葉…ハネウマの「ぶっち切り感」が「m-CABI」を盛り上げてくれるナンバーです。

☆3.BLUE SKY
→なんとなく、青い空を清々しく見つめている前奏。
そして「青春」という名にふさわしいのでは…?そう、イメージは高校生が背に羽を生やしてぴゅい~っと大人の道に行く…
まあ、自由な感じって感じですね。これもある意味「ぶっち切り感」があると思います。
麻野も高校生なのでいくつか共感している部分もあります。

☆4.BLUE SNOW
→まるでラジオを聴いているよう。
晴一さんらしい歌詞です。もう「メイク=晴一」という感じ。
きっとドライブ中に聞いたら頬を緩ませる方もいるのではないでしょう?麻野は母の影響でユーミンさんの曲をよく聞くのですが多少ユーミンさんの影響があるように気がします。
雑誌などで言われているように「天気職人」がどこで出てくるのかを楽しみにしてみてると楽しいと思います。ま、それがなくても曲はPOPなノリ。思わず体が動く~~~♪

No.2 CABINET
☆5.m-NAVI "Keep on having fun with the MUSIC CAVINET"
→「BLUE SNOW」から流れを受けながらラジオから流れる曲が終わりを告げる。
ほっと一息をつくことが出来る落ち着くナンバーですね。

☆6.Winding Road
→一番最近に発売しさらに、オリコンで1位を取った曲…といえば、もう分かりますよね?結構有名になりました。麻野ももうWinding Road限定でレンタルCDショップになりつつあります。
やはり岡野さんのクロマチックハーモニカから始まり、哀愁漂うメロディ…まさに切ない秋、冬を彷彿される曲だと思います。作詞作曲岡野さんです。まっすぐとした歌詞に哀愁のメロディがとても切なさや涙を誘う…そんなナンバーです。

☆7.休日
→いわゆる「ダブル」と言われる同じ人が声を重ねて作る音の層がなんといえないです。歌詞も恋人たちのやわらかい休日。そして、昔を懐かしむような休日。
前奏も心の和むようなメロディ。やはり大人の恋人が聞くとまた麻野とは違う感情になるのではないかと思いますが、麻野はこれを好きな人と聞きたいな…なんて思います。
時にはゆっくりとして充実な休日を過ごしたい…

☆8.NaNaNaサマーガール
→思えば、リリースしてから結構経っているんですよね。NaNaサマ。
でも、個人的にとっても好きなナンバーです。
もうこの曲を是非、世の乙女心分からずの男性に聞かせたいっ!!(ヲイ;;)
それにこの初回限定版のExtra-Trackには「NaNaNaウィンターガール」が入っているのでそこを比較すると結構面白かったり…
「あっ!たしかにウィンターっ!!」

☆9.DON'T CALL ME CRAZY
→こちらもやはり↓のダブルA面だったのですが、もう1年は経っていますよね…でも、このドンクレ(すんごい略し方;)は今のポルノグラフィティの基点であるLIVEに大きく影響をしていると思います。
もうポルノROCKの真骨頂、此処にありっ。という感じでしょうか?
さらにポルノファンではない人でも「夢人島fes」ではナースコスやっちまいましたので(“やっちまった”ってよ;;)結構印象付けのある曲だったと思います。

☆10.ジョバイロ
→↑のようにやはり1年経っている19thシングル。
これもポルノらしいラテンロック(?)です。ジョバイロを聞くとすぐにサウダージやヴィンテージなどを思います麻野はどうなのでしょう?
でも明らかに麻野の近くの友達は「ウチもウチも」と言ってくれます。やはり皆思うことは同じなのでしょうか?(そんなわけでもないでしょうね)
そして此処にも出たか、晴一ワールド。切なき乙女心スペシャル。そんな曲です。

No.3 CABINET
☆11.m-NAVI3 "Ready? Silvia, Geronimo, and Lily?"
→なんとなくCABINETの中からこちらに歌いかけているようなナンバー。
妙に架空の人物の名前が入ってます。
注意:よく聞かないと歌詞が聞こえません。(そんな注意いらねー)

☆12.月明かりのシルビア
→ドンクレは「ポルノROCKの真骨頂」ならばシルビアは「ポルノROCKの基点と新しさの融合」といったものでしょうか?
これはカセットレコされたようです。そのせいかなんとなくLIVEハウスの匂いがします(CDなのでSMOKYな匂いはしません;;)LIVEハウスはポルノ基点。そして新しさには「野崎ブラザーズ」的ROCK視点といったものでしょうか?まさに「月明かりの如くちらりと見せる融合の姿」

☆13.Mr.ジェロニモ
→ちょっと岡野さんっぽくない歌詞です。でも、架空の人物シリーズの中で一番人間味があるジェロニモさん。
ジェロニモさんにはきっと人を引きつけるような魅力があるのでしょう。それは曲も同じ。
これをLIVEでやったら最高ですよ。もう熱狂間違いなし。昔のポルノでいったら…マシンガントークなんて感じでしょうか?でも今までにはないまた新しい感じです。もう体が動いて動いて止まらな~~~い♪!!

☆14.横浜リリー
→もしかしたら、ロマポルにいらっしゃった方もしくは横浜在住の方はちょっぴり期待されたのでは?少なくとも麻野は期待しました。
でもここはポルノ見せてくれます。ただで横浜を持ってきたわけじゃないです。横浜を持ってきたのは港町だから…でも、妙に横浜の切なさと空気を嗅ぐわせるようなナンバー。
これも晴一ワールドで乙女心のオンパレード。何故にそんなに心が分かるの?まさか、新藤さん…あなた女性…?いや女性でもこんなに繊細な歌詞は書けないでしょう…
もう天晴れ物です。ちなみによく耳を澄ませば、横浜を思い浮かべられる効果音が…

No.4 CABINET
☆15.m-NAVI4 "Let's enjoy till the end"
→さあ、LIVEでいう後半戦。バラードできっちりとしめていきましょうっ!!
あ、ちなみにこれを歌うとなれば当たり前ですが岡野さん並に発音を良く歌うと素敵になりますよ?麻野は無理ですけど。

☆16.ライン
→テーマは片思い。ため息の出るようなメロディにリリーとはまた違う人の心を読み取るような言葉が紡がれる歌詞。
こんな化学反応があっていいものか?と思うほどのナンバー。
この曲を聴くたびに涙が溢れてきます。心につ~んとわさびのような(庶民のような比喩で申し訳ない;;)刺激を与えてくれます。
もし片思いをしている方、これを聞くと涙が止まらないかも…
ちなみに麻野は片思いもなにもないです。でも泣き虫なので泣いてしまいます。そんな切々なるバラード。

☆17.グラヴィティ
→カントリー調で始まるグラヴィティ。
この曲を耳元で言われたら真っ赤になるか目を見開くような優しい歌詞と声。それでもなお、包み込まれるようなナンバー。
ラストに両手を曲にのせて振りたい衝動にかられると思います。
それはきっとポルノらしいテンポがあるからこそ。きっと…そう思います。そして、「一秒と千年の間」が意味するものは…?
そして、最後の最後。本当にラストに大合唱したいです。このナンバーはきっと今度行われると予想されるツアーでは必須の曲です。
きちんと覚えておくこと~♪
そして本当の最後に…


Special CABINET
☆NaNaNaウィンターガール
→グラヴィティから繋がってきます。
そして、「Hard days, Holy night」とは違うクリスマスソング調。
NaNaサマとは同じリズム。でも文字数がちょっと歌詞が違うのでNaNaサマで慣れちゃっている方は結構歌いにくい;;麻野もなんですが…
でも、歌詞の絵がすぐ浮かんできます。是非、歌詞カードを見ないで一度、歌詞カードを見て聞いてみると面白いと思います。
さらにNaNaサマでも書きましたが、サマー.Verと聞き比べてください。
結構面白いことになりますよ♪

はあ…よく書いた…;;もう2時間以上経っている…;;
曲を聴きながら頑張ってみました。是非読んだ人は買ってみてください。
全然3200円じゃ安いっと思ってしまうのではないかと思ってしまうほど中身がぎゅっと詰まったCABINETですっ!!
スポンサーサイト
【2006/11/21 23:05】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
<<12月に突入! | BLOG TOP | 急に寒くなってしまって…>>
この記事に対するコメント
レポ拝見いたしました♪
初めまして♪
ポルノのアルバム評が見たくていろんなとこをたどってお邪魔させていただきましたsuffuleと申します♪
すごく細かくアルバムについて書かれていてとても興味深く拝見させていただきました。
私もなぜか悲しくないのに「ライン」を聞くと涙が出てきてしまいます。
私もアルバムについて書いていたのでトラックバックさせていただきました。またお邪魔させていただきますね♪
【2006/11/30 13:27】 URL | suffule #Lm3UhoYE [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://bittersweet6951.blog32.fc2.com/tb.php/73-ef17eaf4


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。