BITTER SWEET
ポルノグラフィティ大好きな女子学生が送る波乱万丈(でもない??)な日記 いろいろな話(日常とポルノ話と…e.t.c...)を書いていきます。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
麻野
  • 麻野
  • *生物学上女という風にされているが腐女子という部類
    *東京在住の高校生
    *ポルノグラフィティ大好きな人
    *Tamaさんも大好きな人
    *PCが何より好き。
    *趣味は作詞とPC遊び

    BITTERSWEETへようこそ。
    ごゆっくりお過ごしください。
    また、アダルト等のコメント、トラックバックがあった場合は消去させていただきます。







  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
来たねぇ。
来ましたねぇ。
ここじゃ、あんまり話さなかったけど。

じゃあ、また一曲ずつ書いていきますか。
ぱっぱと書かないと宿題がおわらん。

1th リンク…やっぱり力がある曲だと思います。
その力っていうのが音だったり声だったり歌詞だったり。ポルノらしさが出ていると思います。
前に書いたように昔のポルノが良く出ている。そんなナンバーじゃないでしょうか。

2th 空蝉…スピードが一番最初に感じられるナンバー。どうしてか体が動き出す…または腕を振りたくなるような曲です。
かと思えば、すぐに優しい曲になります。
これはきっと”静と動が共存する曲”というじゃないでしょうか?
サンプのときの「東京ランドスケープ」とはまた違う”静と動が共存する曲”だと思います。

3th ウォーカー…ちょっと大人っぽいナンバー。
なんとなく秋を感じさせるのじゃないでしょうか?
落ち葉の降る中をゆっくりと歩きながらこの曲を聴く。。。
一番カタチなると思います。
この曲は歌詞をゆっくり眺めながら聴くのもまた一つの楽しみ方かも…。

4th ベアーズ…また一つ画面が変わってまさに野球の歌。
すこし歌詞がリアルなのは、晴一さんが作詞作曲しているから?
とてもやんちゃな曲とこと細かく場面場面を書いている歌詞が野球の臨場感を出しているんだと思いますよ!!
ただ野球だけじゃなくてちょっぴりロマンス(!?)が入っているのがまた晴一さんらしい!!

5th 農夫と赤いスカーフ…また、少し秋らしいナンバー。
歌詞的には「カルマの坂」のように物語調。
でも曲はのんびりして平和な曲。これは楽に空を眺めながら聴くといいかな?
想像するときっと農夫は…昭仁さん?(ワラ
でもずっと聴くと少し寂しさも沸いてくる…

6th 鉄槌…とっても重苦しくまさに「鉄槌」。
歌詞も「鉄槌」で拳を上げながらノりたい。
これは「LACK」を彷彿させます。ちょっぴりハードが好きな方はこれはお気に入りになるかもしれません。
とても重低音が引き立っているそんな曲。
森男さん、ポンプさんはコレはきっと宗教上全然問題のないのでは…。

7th Light and Shadow…また曲調が変わっていくナンバー。
これもある意味でスピードが中心が曲。
きっとライブだとこの曲はとても盛り上がるんじゃないでしょうか。
また、タイトルが指しているようにスピードが光、光る場所には絶対陰できる。ということでCメロが陰なんじゃないかなと思います。

8th My 80's…歌詞にもあるように昭仁さん、晴一さんそしてak.homma(ぇ の80年代の見方なんじゃないでしょうか?
残念ながら私は90年代生まれなので80年代がよくわからないのですが、「あ、確かにこんな感じだって聴いたことあるな…」と言えるナンバー。
ちなみに昭仁さんたちは…まだ10代!!!?

9th ロックバンドがやってきた…これはきっと「ちいさなこの町」つまりイメージ的に因島かな?と考えながら昭仁さん、晴一さんが「都会からロックバンドがやってくる!!」というのを子ども目線的に書いているナンバーかと。
この曲を聴いているとなんとなく「因島スペシャルライブ」を思い出されます。
きっとあのライブの子ども達はこんな気持ちだったのかな…?
そしてなんとゲストが歌詞中に出てきます・・・・よ。

10th Please say yes, yes, yes…前曲の流れを引きながら曲がスタート。
もしかして前曲のロックバンドの曲なのでしょうか…?
でもとってもカッコいいナンバーです。きっとこの曲はライブ使用じゃないかと…。
とにかく…英語が多い。だからきっとかっこよく感じるんだとおもいます。
もちろん曲もカッコいいです。ギターがもうロック!!
さあ、手拍子を「準備はOK?」

11th そらいろ…ライブでいう本編のラストの曲。
イメージ的には昭仁さんと晴一さんの二人にピンスポット。
優しい曲です。手を横に振りながら舞台の二人を見ながら、そして微笑みながら聴きたい。そんな曲です。
でも、これが最後なんだな・・・とすこし哀しくなるような曲でもあるかもしれません。


さあ、全曲書きました!!前回よりは時間がかかりませんでした!
まだこのアルバムを買っていない方!コレを見て参考なればいいかと思います!
さて、では初回限定のDVDを見ようと思います。
なので、DVDの内容は…内緒ということで…。


スポンサーサイト
【2007/08/29 19:15】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
本物とニセモノ
つい、今、リンクを聞きました。
ちょいと明日は朝が早いので、文が変でもとりあえず、思ったことを書き綴りたいと思います。

すっごい、泣けてきました。
それは、すごいっていう気持ちと申し訳ないという気持ちが涙になったんだと思います。
最初これをCMで聞いたとき
「ポルノはついに降下を始めたか」と思いました。
最近、ライブで昔の曲をやっているのに気付いて、どうしてだろうと疑問に思っていたのも事実。
それがきっと曲に反映されてさらにいい曲が生まれるのかなと思っていたのです。
しかし、リンクを始めて聞いたときにはそれが裏目に出たかと正直思いました。
昔の曲調にそっくりだったし、岡野さんのトーンも昔に戻ってしまったと思ったのです。思わず私は今回のシングルを買うのを止めてしまおうかとまで思いました。
まず、それが初回の感想。

それから何度かCMで耳にすることが多くなり、やはりポルノ調だな…なんて呑気に思いながら、聞いていました。
私は昔のいい意味でのポルノ調が好きだし、それが私をポルノグラフィティの世界に入らせたのだと思ってます。
しかし、どうしても昔に戻りすぎたと思ってしまいました。

そして、よく耳にするのが
「Tamaがいたときの方がよかった」
という台詞。
私は正直に言うと、その台詞が一番嫌いでした。本当に大っ嫌いでした。
どうして、そんなにTamaにこだわるの?
どうして、二人で歩き出したポルノグラフィティを受け止められないの?
と…。
しかし、この曲を聴いたとき、一瞬。
思ってしまったのです。Tamaがいたほうがもう少しいい曲が出来たんじゃないか。
と。


そういう風に思っていた自分をまず、思いっきりぶん殴りたいです。
どうして、好きなアーティストの方向性をそんなにも非難するのかと。
しかも、サビの一部分しか聞いていないのにそこまで言う自分に腹が立ちました。
そして、しっかりとリンクをすべて聞いて。
本当にすごいと思いました。昔のポルノ調を上手く使って、今のポルノ調を引き出しているように思います。
AメロBメロの早い言い回し。
なんとなくINNERVISIONSを思い出させました。
しかもあの曲からもう6年も経っているわけですから、大人な感じで。
詩の内容も岡野さんぽく直球に。
本当に本当にすごくすごい曲だと思います。


本当に申し訳なかったと思います。
ものすごく謝りたいです。こんなに簡単に物事を軽く見てしまう自分が愚かだったと。
だからこれからもきちんと物事を見つつ、ポルノグラフィティをかげながら応援したいと思います。
もちろん、今回の「リンク」購入させていただきます。
実はもう予約を済ませてあったりします。


【2007/07/03 00:29】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
…お久しぶりで申し訳ない;;
お久しぶりで申し訳ない;;

今日、「ポルノグラフィティ 横浜ロマンスポルノ'06 キャッチザハネウマ」が入荷、麻野はフラゲしてきました!

ということで、今日もまたレポートを触れるだけ書いてみようと思います。

まだ、聞きたくないっ!というかたは、続きをしないで下さい。


[READ MORE...]
【2007/02/27 23:42】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
え~…叫ばせていただきます。
よっしゃ~~~~~~~~~~~~~!!!!!

はい、今晩は麻野です。
フラゲってきました。「m-CABI」。一応一通り聞きました。
ということで、予告通り1曲コメントを書いていきたいと思います。






[READ MORE...]
【2006/11/21 23:05】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
このページの先頭へ
今日もまた…
今日もまた記念日でございます。
そうっ!!
ポルノグラフィティのセンターマン。岡野さんのお誕生日なのであります。
いや~…昨日は麻野の父のお誕生日だったんですけどね。
こう連続すると運命なんて感じちゃいますね。
どういう運命だかは気にしないで頂いて…と

さて、今日はポルノづくしでいってしまいたい今日この頃。
でも、そうはいかない今日この頃。
実は、もうすぐ中間テストなんだっつぅのな今日この頃。
そろそろ、今日この頃という語尾をなくしたい今日この頃。

・・・・・・・・・なので、
本当はPCお触り禁止なのです。(伽場蔵?/わざと漢字に…)
はあ…愛しい愛しいPCちゃん。
どうして最近こんなに可愛くなってしまったの?
どうしてこんなに私を誘惑するの?
どうして…はあ…どうして…h(いい加減にやめよう)
とっても、とっても辛いのです。特にこの時期は…
禁断症状もそこそこに出てきますよ。
ふと気づけば、数学の問題集の上で指が踊っていますよっ!?(つまり、キーボードを打ちたい)
おっと気づけば、誰もいないのに誰かに話しかけていますよ?(つまり、外にも出れずに寂しい)

そんな中を今日は岡野さんのお誕生日なんだからっ!!ブログを書かなきゃっ!!
という勝手な使命感で親の目を盗みPCの前で今打っているということなんですね。
そろそろ、お勉強しないと…
はあ…このテストが終わったら、
エブリデーカラオケ(なぬっ!!)
エブリデーアソブ(えっ)
エブリデーキンケツ(めちゃめちゃ困る)

・・・・・・・・・・・・・・悲しすぎるかな、テストが終わって金がなくなり萎れる財布。1/2になっている麻野。

ということで、
テスト終了後自分自身がどうなっているのか大概予想が出来ている麻野が、ポルノグラフィティの今後のご活躍と岡野さんのお誕生日をお祝いの気持ちを込めて。(新しい締め方♪)
【2006/10/15 17:45】 ポルノグラフィティ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。